スマートフォン解析

田中哲司、仲間由紀恵とは鈴鹿の神社で結婚式か。謝罪が嫌味?

俳優・田中哲司さんが、超美人な女優である
仲間由紀恵さんと結婚をされる運びである模様です。

田中哲司motain

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]田中哲司(たなかてつし)
[生年月日]1966年2月18日(50歳)
[出身]三重県鈴鹿市
[身長]182cm
[体重]69㎏
[血液型]A型
[所属事務所]鈍牛倶楽部

wikipediaはこちら
オフィシャルサイトはこちら

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

小林薫に憧れて日本大学藝術学部演劇学科に進学し、自然と役者の道を歩み始める。

大学卒業後は主に舞台俳優として活躍し、1994年、28歳のときにテレビドラマ『ぽっかぽか』でドラマ初出演した。映画初出演は1998年『あばれブン屋』にて。

2000年に入ってからは『月曜ミステリー劇場』等のミステリー・サスペンス系ドラマを中心に、映画・舞台にも出演してきた。

 

田中哲司さんと仲間由紀恵さんの
ご結婚については、以下のような報道がされています。

近日中に婚姻届を提出し、正式に発表する予定。~中略~

国民的人気を持つ仲間が人生の伴侶に決めたのは、話題作やヒット作を支える名バイプレーヤー、田中だった。両家へのあいさつも済ませ、双方とも親しい知人には結婚を報告している。出演CMを多数抱える仲間は関係者を通じて、スポンサーにも「結婚します。近く発表します」と律義に報告を済ませている。
引用元:日刊スポーツ記事より

これが今年の9月のことですから、
それから三ヶ月経っているためそろそろかな、と思うのですが。

 

田中さんと仲間さんの出会いは2003年の連続ドラマ『顔』で知り合ったとのこと。

当初はまだ田中さんの知名度はそれほど高くなく
まだブレークはしていなかったのですが、
仲間さんの方は反対にすでに女優として頭角を現していました。

仲間由紀恵artists

このドラマでも主演として起用されていて、
当時はまだ格差があったかも知れません。

 

しかしながらその数年後の2007年、
二人は『ジョシデカ!女子刑事』で再開しました。

このときも仲間さんが主演だったのですが、
田中さんも『顔』で共演したときよりも
かなり売れていたこともあってか、そのまま仲良くなって交際に至ったそうです。

それから6年の年月を経て、結婚ということですね。

田中哲司homey

 

[この人は飛び切りのイケメンなのに未だに結婚してなくてある疑惑も浮上しています]

三上博史は窪塚洋介似で若いけど結婚まだ?小泉今日子とかは

 

Sponsored Link

 

鈴鹿の神社で結婚式

田中哲司さんと仲間由紀恵さんが

どこで結婚式を挙げるかが注目されていますが、
噂だと田中さんの故郷である三重県鈴鹿市の神社ではないかと言われています。

どうやら田中さんの家系はとある神社の氏子であったとして
深い繋がりがあり、そこでの挙式を予定しているのではないかということです。

田中哲司jinja

その神社とは、「椿大神社」であると噂されています。

西暦700年代に建設されたという、
凄まじい歴史を持つ由緒ありまくりの神社です。

初詣には、なんと40万人もの人が訪れるんだとか。

そうなってくるとここでの挙式はかなり濃厚だと思います。

 

しかしこれだけご先祖や神々に見守られながら式を挙げるとなると
逆にかなりプレッシャーな気がしなくはありませんが・・・笑

もちろんそれだけの愛を育んだ二人ではあるでしょうから
きっと心配は無用でしょうし、別に離婚が駄目なわけではないと思うのですが。

ただ、いい加減になり過ぎるとさすがに祟られそうですよね(^-^;

 

謝罪が嫌味?

田中哲司さんが謝罪したらしいです。

それは、仲間由紀恵さんのファンに対して。

「男性ファンの皆さん、申し訳ありません」

と。

・・・なんか逆に嫌味っぽく聞こえてきますが笑

しかし続けてこのようなコメントも残しています。

祝福の言葉に照れ笑いを浮かべながら、田中は「プロポーズは1年くらい前。指輪を渡したのですが、モゴモゴ言ってしまい、覚えていません。僕にはもったいない人。性格もすごくいい。素朴な面がいっぱいあり、そんなところが好きです」とのろけた。
引用元:ザクザクニュース記事より

謙虚な姿勢も見えますし、好感の持てるコメントを残していますね。

個人的にも、もともと田中さんに対しては
すごく温厚で優しい人という印象を持っています。

 

『アウトレイジ ビヨンド』では悪役を演じていますが笑

 

ともかくこうなると、お二人については
この先何も心配はいらないような気がしてきます。

きっと最後まで、生涯の伴侶として添い遂げることになるのではないでしょうか^^

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ