スマートフォン解析

柄本佑は弟・柄本時生と嫁・安藤サクラに顔が激似のイケメンか

二枚目でもあり、演技派でもありと独特の存在感を放つ柄本佑さん。

柄本佑menke

が、そのお顔が兄弟や嫁と激似なことで話題になっています。

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]柄本佑(えもとたすく)
[生年月日]1986年12月16日(29歳)
[出身]東京都
[身長]182cm
[体重]60kg
[血液型]B型
[所属事務所]アルファエージェンシー

wikipediaはこちら
オフィシャルページはこちら

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

俳優・柄本明を父、女優・角替和枝を母として生まれる。

2001年、和光高校入学と同時に映画『美しい夏キリシマ』のオーディションにも合格し、しかも主演に抜擢される。役者としての人生の歩みをスタートさせた。同作品にて第77回キネマ旬報ベストテン新人男優賞と第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞。

以後はドラマ・映画・舞台と安定して出演し続けている。

 

どちらかというとレギュラー脇役的な立ち位置が多いですが、
主演もいくつか演じられています。

 

弟・時生

柄本佑さんには、激似と言われている弟がいます。

柄本時生(ときお)さん。

同じく俳優をされている方で、三歳年下で現在25歳。

時生さん

柄本時生kzrel

佑さん

柄本佑ikemne

確かに、全体的な顔の造りが似ています。

しかしながら、「見分けられない」

という人もいるらしいのですが、それはオーバーだと思います。
(一応見分けるためのまとめがあったので載せておきますが)

柄本佑と柄本時生の見分け方

似てはいるものの、全体的に全てが微妙に違っているからです。

 

結果的に、

「雰囲気的に似てるんだけど、違う顔」

という、言葉にすると一見矛盾した表現になってしまいます。

 

が、これは何とか論理的に説明をすることができます。

まず結論からして、お兄さんである佑さんの方が二枚目顔です。

弟である時生さんのお顔の方は、
部分部分で少しずつ好ましくない違いを生み出しています。

たとえば、その前歯。

ちょっと出過ぎてしまっています。

あと目も鼻も、パーツパーツで見ていくと
お兄さんと比較したときに少しずつではありますが、イレギュラーを起こしています。

 

しかしそうやって考えると、弟さんとしてみたら

「同じ兄弟なのに何で俺の方が・・・・」

となってくるでしょう。

これは致し方ない考えだと思います。

本人の意志ではどうしようもないことですし。

しかしながら、柄本時生さんは現実を受け入れ、
自分ができる生き方(役者としての在り方も含め)
を模索してしっかりと地に足を付けて人生を歩んでいるように思えます。

最近、「彼女がいる」とバラエティーで報告したり、
役者としても充実してるように映りますしすごく生き生きされています。

これは、私たちが見習うべき姿勢なんだろうと私は思うのです。

※かなり脱線しましたが、自分が感じるところであったため記載しました。

 

[こちらでは柄本兄弟のご両親・家族を取り上げています]

柄本明は芸能家族:嫁も息子も役者!芸者として志村けんと共演

 

Sponsored Link

 

嫁・安藤サクラ

柄本佑さんの嫁は、女優・安藤サクラさん。

2012年の3月に結婚をされました。

安藤サクラhuwary

安藤サクラさんは俳優・奥田瑛二さんを父に、
エッセイスト・タレントの安藤和津さんを母に持つ
こちらも大物芸能人の血を継ぐ方です。

 

ご本人もこれまで数々の助演・主演女優賞を受賞していて、
女優として第一線で活躍されていますね。

※経歴についてはこちら(wiki)をご参照ください

 

正直なところ、柄本佑さんよりも
役者としての格は上であると言っても過言ではないでしょう。

こんな二人から生まれる子供であれば、
間違いなく才能溢れる子が生まれてきて
何らかの形で芸能界に携わることになるでしょうね。

まだ誕生はしていませんが、ぜひとも子作りに励んで欲しいと思います^^
(余計なお世話ですが笑)

 

激似?

そして、柄本佑さんと嫁・安藤サクラさんは、
結婚をされてるのでもちろん気が合ったのでしょうが、
お顔も非常に似ているとして話題になりました。

安藤サクラbijon

柄本佑niteng

確かに、パーツパーツの位置や形など、
かなり近いものがあって全体として
非常に似た造りになっているな、ということを感じさせますね。

 

正直なところ、お二人共一般人と思えば
イケメン・美人な方だと思いますが、
芸能界においてはその路線では少し難しいでしょう。

しかしながら、自身の演技力のみで生き抜けるだけの
本物の実力者たち(弟も含め)であり、今後もその活動が非常に楽しみですね^^

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ