スマートフォン解析

神木隆之介は病気を克服し子役時代から演技天才?今は熱愛の噂でおませ

若手俳優ですが芸歴は超長く、もはやベテランの域である神木隆之介さん。

神木隆之介ikern

神木さんの過去から熱愛の噂まで取り上げてみました。

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]神木隆之介(かみきりゅうのすけ)
[生年月日]1993年5月19日(23歳)
[出身]埼玉県
[身長]167cm
[体重]47kg
[血液型]B型
[所属事務所]アミューズ

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

2歳のときに芸能事務所入りし、CM出演も果たした。

1999年(6歳)に『グッドニュース』にてドラマ初出演し、2003年(10歳)に『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』で映画初出演。2005年(12歳)に『妖怪大戦争』にて映画初主演で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2006年(13歳)には『探偵学園Q』でドラマ初主演を果たす。

 

子役時代

神木隆之介koyark

 

病気を克服

神木隆之介さんは生まれて間もない頃に大病を患っていたそうです。

それは消化器系の病で、非常に深刻なもので
命に関わるどころか助かる確率は1%と宣告されていたとのこと。

そのためご両親ももうすでに覚悟を決めていたようで、
生きた証を残そうとして2歳の時に「セントラル子供タレント」に入団させました。

 

しかし神木さんはこの絶体絶命の状況を克服したのです。

これにはご親族がどれだけ嬉しかったか、想像を絶しますね。

そして神木さん自身も、自分が乗り越えた窮地を考えたら

「もうこの先の人生、何も怖いものはない」

と考えられるようになっただろうと思います。

ちなみにこの「神木」というのも本名なようで、
いかにも奇跡を起こしそうな苗字ではありますけどね^^

 

[ちょっとやんちゃ者ですがこの人も子役から活躍していて有名ですね]

柳楽優弥の嫁は豊田エリー!結婚とバイトで大成長

 

Sponsored Link

 

子役時代から演技天才?

そんな事情から芸能界入りし、幼い頃から子役俳優、
声優として活躍されてきた神木隆之介さんですが、
その演技力についても定評があります。

ジブリ映画に多く出演しているのですが、
そのジブリの総取締役である鈴木敏夫さんからは

「とにかく芝居が上手い。突き抜けるほどの才能」

とまで言われています。

いくら演技力が高い人であっても、
なかなかここまで言われる人は少ないでしょう。

 

あと同時に、単純に見た目的にも
天使と言われるほど評価されていました。

神木隆之介子役天使

 

また、最近だと映画『るろうに剣心』
の登場人物である瀬田宗次郎の役が話題となりました。

瀬田宗次郎hohoem

『るろうに剣心』は漫画が原作の映画ですが、
原作、そして瀬田宗次郎の大ファンであった神木さんは

「瀬田を演じるのは自分しかいない」

として、『るろうに剣心』第一弾が決まった時点で、
第二弾があり、そして瀬田の出番があることを想定してアピールしまくってたそうです。

瀬田宗次郎・神木隆之介

第二弾、第三弾の上演が決まった背景には、
もしかしたら瀬田さんの熱意があったのかも知れませんね笑

そしてそのくらい気持ちが入った役であるということで、
はまり役と言われていて間違いなく神木さんの代表作の一つとなりそうです。

 

今は熱愛の噂でおませ

天使・天才と呼ばれてきた子役時代から今に至るわけですが、
神木隆之介さんはもう20歳を越えた立派な大人です。

熱愛の一つや二つあってもおかしくないでしょう。

当時を知る人の中には、
「おませになっちゃったじゃない」
とお思いになる方もいるかもしれませんがw

 

その第一人者として挙げられるのは、やはり女優・志田未来さんです。

志田未来chidish

志田さんも子役時代から活躍している方で、
現在21歳、同い年で同級生です。

しかも『探偵学園Q』
『借りぐらしのアリエッティ』
で共演していたりして、非常に共通点が多く
人生の歩みそのものが似ていることから間違いなく気が合うでしょう。

といったところからの噂です。

ですから、別にフライデーされたとか
そういうのではないです。

逆にこれだけマークされるといくらその気があっても
交際し辛いだろうとは思いますけどね・・・(^^;)

 

◆△■△◆△■△◆△■△◆△■△◆

子役時代から活躍してこられ、演技力もルックスも
申し分ない評価をされている神木隆之介さんですから、
これからも芸能界の第一線で活躍をされていくのだろうと思いますね^^

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ