スマートフォン解析

渡辺大知がドラマ『まれ』やCMで有名に!出身大学その他

渡辺大知さんは、まだ若いのですがすでに俳優はおろか、
ミュージシャンとしてもその名を世間に知らしめている存在です。

渡辺大知yakai

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]渡辺大(わたなべだいち)
[生年月日]1990年8月8日(26歳)
[出身]兵庫県神戸市
[身長]推定180cm
[血液型]不明
[所属事務所]ソニー・ミュージックアーティスツ

wikipediaはこちら
黒猫チェルシーオフィシャルサイトはこちら

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

2007年(17歳)ロックバンド「黒猫チェルシー」を結成し、自身はボーカルを担当する。2009年、売れてきたこともあり高校卒業と同時に上京する。また、1stミニアルバム『黒猫チェルシー』もリリースした。

一方で同年、映画『色即ぜねれいしょん』のオーディションで主演に抜擢され、同映画より俳優デビュー。2011年には連続テレビ小説『カーネーション』でテレビドラマデビュー。

 

ロックバンド「黒猫チェルシー」はまだシングル一曲しか出していませんが、
2011年11月にリリースされたその一曲『アナグラ』は週間オリコンチャートでなんと

最高40位を記録しています。

ソニーミュージックと契約している時点で、かなり有望株であると言えると思いますが。

 

こちらは彼らの楽曲の一つである、『サニー』です。

売れそうなクオリティーの高さを感じさせる音楽性ではないでしょうか。

 

しかしデビューシングル発売後は主だったリリースはないのですが、
これはボーカルである彼が俳優としても売れてきたことが理由に挙げられるだろうと思います。

ドラマは現時点ですでに7作、映画も7作出演していて、

比較的メジャーでこそありませんが

2009年の映画『色即ぜねれいしょん』
2013年の映画『夢を見た』
同年のドラマ『僕が父親になるまで』

では主演を演じています。

さらにCMも多数出演していますし、
音楽活動と兼業しながらだと流石に少し難しかったかも知れませんね。

 

また、渡辺さんは幼い頃から脚本家を夢見ていて、
自分で勝手に脚本を作って遊んでいたそうです。

いつかは映画監督にもなりたいと考えていて、大学は
東京造形大学造形学部デザイン学科で映画専攻をしていました。

そんな気持ちでいたところ、2014年に映画『モーターズ』
にて早くも映画監督を経験し夢が実現してしまいました。

凄まじき多才性を見せ付けていますね。

 

[多才と言えばこの若手俳優も、踊れるし演じれると話題です]

青柳翔は東幹久に似てるモテ男で、ドラマや映画の演技も高評価

 

Sponsored Link

 

ドラマ・まれ

渡辺大知さんは2015年、NHKの
連続テレビドラマにまたもや出演することが決まっています。

渡辺大知morng

しかも今回出演する『まれ』では、
前回の『カーネーション』と違って完全にレギュラー役なようです。

ただし『カーネーション』でもテレビドラマデビュー作であるのにも関わらず
第2週 – 第16週まで出演していますから、こちらも十分にインパクト抜群なのですが。

『まれ』では、現実でも本業の一つである
ミュージシャン役で、普段は口数が少なく大人しいが、
ライブになると人が変わるタイプを演じるそうです。

この辺は誰でもできる役では全くなく、
彼の力量の見せ所なのではないでしょうか。

 

CM

また、CMの方でも話題になりました。

 

まず、2010年のドコモ・スマートフォンのCM。

これは、俳優の渡辺謙さんと共演したことも理由として挙げられます。

どちらも渡辺であり、息子と父親にも見えてしまうところはありますよね。

さらに渡辺謙さんは息子がいるのですが、
その息子の名が渡辺大であるため、一文字多いだけの違いなのです。

 

こちらそのときのCMです。

渡辺大知さんが、スマホ扮する渡辺謙さんと喋ってるみたいな設定ですね。

大知さんのコメディー感と、
謙さんの重鎮な存在感が合わさって妙にシュールな絵になっていますが(笑)

しかしながら、やはりすでに役者として
かなり引っ張りだこなだけあって
センスを感じさせるような演技力はあるな、という印象です。

 

またそれだけでなく、ソフトバンクのCMにも出演しています。

しかしドコモのライバルですが、普通に出演しているのは驚きですよね(笑)

 

さらにこちらは三井住友のCM

どれもこれも印象深いのばかりです。

 

渡辺大知さんの今後の活動には、間違いなく更なる注目をすべきだと思いますね^^

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ