スマートフォン解析

平岳大、両親も役者だが妹や結婚相手は…父親とは息子役で共演も

平岳大さんはさわやか系のイケメン俳優として
活躍をされている、中堅どころの役者さんですね。

平岳大kiraly

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]平岳大(ひらたけひろ)
[生年月日]1974年7月27日(42歳)
[出身]東京都
[身長]183cm
[体重]74kg
[血液型]B型
[所属事務所]シス・カンパニー

wikipediaはこちら
オフィシャルブログはこちら

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

名門ブラウン大学理学部応用数学科へ進学し卒業したあと、コロンビア大学大学院修士課程へ進学するという超インテリ道を歩む。が、コロンビア大の修士課程は中退し、そのままソフトバンク系列会社などの大企業に就職。

しかしながらサラリーマンとしての道が肌に合わなかったのか、27歳の頃に役者に転身し、2002年、28歳のときに舞台『鹿鳴館』で俳優デビューを果たした。

ドラマ初出演は2003年『ドラマW コスメティック』映画初出演は2006年『明日の記憶』

 

両親も役者

平岳大さん、ご両親も役者であったからか、
超エリート道を歩んできたのに結局俳優になってしまいました。

もともと役者志望であったところ母親に反対され続けたのですが、
最後には・・・・という流れのようです。

やはりこれは遺伝の作用なのでしょうか(笑)

 

父親は俳優・平幹二朗さん

平幹二朗jirou

 

母親は女優・佐久間良子さん。

佐久間良子bijo

それぞれすでに81歳・75歳というお歳なのですがどちらもご健在でいらっしゃいます。

しかし1984年、平さんが9歳のときに
ご両親は離婚をしていて、その後は母親に育てられたそうです。

それでも、父母両方と今でも仲が良いようなのですが。

デビュー舞台となった『鹿鳴館』では、なんとその離婚した
両親と共演となり、舞台後には三人で仲良く食事をしたとのことです。

 

[この人も二世タレントとしてかなり活躍されていますね]

駿河太郎は鶴瓶の子供なのに似てない?嫁はスタジオ運営w

 

Sponsored Link

 

双子の妹

平岳大さんには、妹さんもいらっしゃいます。

なんと双子のようです。

しかしながら、二卵性双生児であるために
普通の兄妹程度にしか似ていないみたいです。

でもどっちしろ綺麗な人だとは思いますけどね^^

また、妹さんの方は女優の道へ進んでいません。

普通にサラリーマンになったようなのですが、
こちらも兄同様とてもエリートな感じで、海外の企業で働いているとのこと。

両親が役者なのにその道、あるいは芸能関係の道を選ばなかった
ということは、キャリアウーマンとしてバリバリやってそうな気がしますね。

 

結婚相手も?

平岳大さんはもうすでにアラフォーではありますが、

まだ独身でいらっしゃいます。

平岳大yakashi

芸能人全般について言えますが、
イケメン・超美人であっても職業柄なのか婚期がかなり遅いイメージはありますね。

もちろん、それは世間にも言えることなのですが(笑)

 

こうなってくると結婚相手も役者、つまり女優となるのでしょうか。

こういう仕事をしていれば、ドラマや映画で
共演した人と一緒になることが多いですし、
エリート道を蹴ってまで選んだ道なので
きっと思い入れは強いハズですから私の勘では女優っぽいです。

 

ちなみに双子の妹は、現在は結婚していらっしゃるようです。

お相手は俳優ではないでしょうね(笑)

 

父親とは息子役で共演

平岳大さんがテレビドラマ『医龍』にて、父親と共演しました。

しかも現実同様、息子役として。

平岳大sheey

その際、演技をどうするべきか相談するために
お父さんに電話をしたエピソードを語っています。

 平は「話をいただいて、すぐに父に電話をしました。もし今の桜井のクセなどがあれば、それを若いころからやっているという、リンクしている部分を作ろうと思って聞いてみたのですが『今回は素直に演じてるよ』との返事でした」と父子のやり取りを明かす。引用元:スポニチアネックス記事より

離婚をしてから一緒に住んでいなかった父親ですが、
この会話の流れから察するにかなりの仲の良さが伝わってきますよね^^

ちなみにこのドラマでは、俳優・岸部一徳さん演じる人物の息子役も
現実世界の息子である岸部大輔さんが演じていて、
ダブルでリアルの息子が息子役をするというかなり面白い実現をしました。

 

かなり難しいかも知れませんが、こうなったら
今度はご両親とで親子役が実現することに期待したいですね(笑)

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ