スマートフォン解析

岸谷五朗の嫁は岸谷香、そして子供は両親似?ヤンキー伝説とは

存在そのもので大変良い味を出している
人気ベテラン俳優の岸谷五朗さんですが、
その家族と伝説について取り上げてみました。

岸谷五朗gorou

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]岸谷五朗(きしたにごろう)
[生年月日]1964年9月27日(52歳)
[出身]東京都武蔵野市
[身長]175cm
[体重]66kg
[血液型]O型
[所属事務所]アミューズ

wikipediaはこちら
アミューズオフィシャルサイトはこちら

 

Sponsored Link

 

THE HISTORY OF ACTOR

大学入学後、1983年に三宅裕司が主宰していた劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団し、同年にいきなり『夜明けのミステリーはローズマリー風味』で初舞台を踏む。1987年には寺脇康文と山田幸伸とで「SET隊」を組んでラジオなどで活躍。

テレビドラマは1988年『追いかけたいの!』で初出演。映画は翌年1989年に『バトルヒーター』で初出演を果たした。

また1993年の映画『月はどっちに出ている』で主演を演じてから人気と知名度が一気に上昇し、1996年、ドラマ初主演となった『みにくいアヒルの子』は自身の代表作の一つとなった。

その後は人気俳優として安定してテレビドラマや映画に出演し続け、映画監督も経験している。

 岸谷五朗taiga

 

嫁は、岸谷香

岸谷五朗さんの嫁は、岸谷香さん。

岸谷香kenka

旧姓は奥居香さんで、かつて一世を風靡した人気バンド
「PRINCESS PRINCESS」のボーカル兼ギターをしていた方です。

1967年2月17日生まれで47歳ですから、
岸谷さんよりも学年的には2年年下ですね。

 

始めて出会ったときは岸谷さんがMCをする
ミニ音楽番組での共演だったのですが、生放送で大喧嘩をしたそうです。

しかしその後もゲストとして来ていて、
何故かすごく仲良くなっていたとか。

これはツンデレだったんだけど、
お互い好きなことに気付いた少女漫画的なパターンなのでしょうね。

 

ちなみにこちらは若かりし岸谷さんです。

そしてプリンセスプリンセスは女性バンドの中では歴代でも
最高に売れたと言われているほどだったのですが、
1996年、突然の解散をしてしまいました。

その理由が、岸谷五朗さんとの結婚であったのです。

岸谷五朗bosar

愛の絆が強烈過ぎたようですね^^

 

[この人も家族の絆はかなり強そうです]

哀川翔の子供・福地桃子は女優!カブトムシも妻?

 

Sponsored Link

 

そして子供は両親似?

岸谷五朗さんと香さんには、子供が二人います。

男の子と女の子

親としては、理想的ですね^^

そして

男の子の方をチビゴ

女の子の方をチビカ

と呼んでいるとのことです。

その理由は、

「小さい五朗」

「小さい香」

だから。

言及や画像こそありませんが、
それぞれパパとママに似ているんでしょう。

でなければそんな呼び方したら不自然ですからね。

お父さんには申し訳ないですが、
女の子の方はお母さんの方に似て良かったですね^^

 

プリプリ解散の背景には、実は育児に専念して欲しいという
旦那からの要望もあったのですが、いざ子供が生まれたら
本人がむしろそうしたいという気持ちになったとか。

その理由は、香婦人の教育ママっぷりにあるようです。

そして何故教育ママになってしまったのかについては
このようなブログでの発言・記事がありました。

岸谷は歌姫から教育ママへの変身の背景をやはりブログで、《実は私は、進学したものの、プリやってたから、大学ってものも行ってなくいわゆる学歴コンプレックスみたいなものがあったの》
と明かしている。彼女には、付属中学校に在籍していたものの、音楽に熱中するあまり内部進学に失敗し、別の高校に進んだという過去があった。引用元:女性自身記事より

学歴コンプレックスとか、プリプリで大成功を収めたのに
正直言ってなんか贅沢な話ですよね(^^;)

それも当時から音楽に集中していたんだし
そんなの全然感じる必要がないと思うのですが、
いずれにしてもそのコンプレックスを子で晴らそうというのでしょうか。

子供が嫌がっていないなら全然良いですが、
嫌がってるならやめてあげて欲しいです。

特に、ちゃんとほかに目指す何かを持ったとしたら。

 

人様の子ですから意見するのもどうかと思いますが、
そもそもこれから学歴社会は確実に終わりますし、ね(笑)

 

ヤンキー伝説とは

岸谷五朗さん、どうやら昔はどヤンキーで
しかも超強くて有名だったらしく、
「三多摩の五朗」と呼ばれていたほどだとか。

岸谷五朗nebal

地区の名前が付くほどですから、これはただ強いだけではなく、
強すぎて相当なインパクトを与えるような存在であったんでしょうね。

かつて

「キレやすい・喧嘩っ早い」

と自身の性格について語っていたことがあるそうなのですが、
それは何の変哲もない真実であったと言えそうです。

 

確かにお顔がものすごく頑丈そうですし、
喧嘩が強そうな雰囲気はありますよね。

さらなる俳優的存在

Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ